呼びかけ文


※2016年1月30日更新


台湾2020東京

 オリンピックやスポーツ中継を観ていて、なぜ「台湾」が「チャイニーズタイペイ(中華台北)」表記になっているのか、疑問に思ったことはありませんか?

 「チャイニーズタイペイ」とは「台湾」を国家と認めない「台湾は中国の一部である」という中国政府の圧力によって生まれた呼称です。中国政府は国際スポーツの場に高圧的に政治問題を持ち込み、自らの主張を国際社会に宣伝しています。

 台湾では「自分は台湾人である」というアイデンティティが年々強くなっていて、国際スポーツの会場で「台湾は台湾!」をアピールする運動も起きています。

 日本からも「チャイニーズタイペイではなく台湾!」の声を集め、台湾の人々と共に「台湾は台湾である」ことを国際社会に訴えるのが、この「台湾2020東京ホームページ」の目的です。

 日本人として「2020年の東京オリンピックでは台湾の表記で台湾代表が出場することを実現させたい」そんな想いに共感できる方は、このアクションをぜひ広めてください。

2016年1月30日
台湾研究フォーラム
8陣デザイン


台湾は中国の一部ではありません!
台湾2020東京